英検一次試験成績表~最終結果判明

2017.06.23.09:29

今日、一次試験の成績表が郵送で届いてました。
まだ詳細な点数がウェブに発表されていないのに早いですね💦

これですべての素点とCSEスコアが分かりました。

【一次試験最終結果】

◆R: 680/850 (29/41, 18, 4, 7)
◆L: 688/850 (21/27, 8, 8, 4, 1)
◆W: 625/850 (20/32, 5, 5, 5, 5 )
◆CSEスコア:1993/2550 (70/100)

前回のWが19/32で611でした。今回は20/32.
1点で14スコアも違うのですね。
とにかく語彙、読解、リスニングを強化しながらも英作文は最重要視して頑張らないと・・・

スポンサーサイト

英作文が書けない理由を考えたり、反省中

2017.06.20.20:44

英検一次結果を確認した昨日から一夜明けて。

結果はわかっていたものの合格に必要な課題点は概ね自分でも把握していたのに、その対策を講じなかったことを今さらながら うじうじ悔んでいる(-_-;)

方法論だけは調べ上げ、合格までのルートマップ:パーフェクトプランを考案するのだが、それを実行に移し完遂できない自分の性癖

特に英作文だけは取り組むことすら逃げていた。
暗記はある程度必要なものの、論理展開が苦手だからですね。
自分でアイディアがなければひと様のアイディアを覚えて論理展開するしかないです。
社会的なことを表現するだけの知識がないから模範解答の読み込み
そして
◆ 自分で使いこなすアクティブ語彙の強化
◆ かろうじて読むのに必要な文法は知識として知っていてもアウトプットするだけの文法力 がないので、使える文法にすること

などなど
課題は山積。

意気込みだけは立派だけど実行出来なかったら恥ずかしいな〜😓😵
実行してからしかblogは更新しない事にするかなぁ😵

2017-1: 英検結果

2017.06.19.20:50



今日は先日6/4に行われた2017-1の英検の結果発表でした。
結果は

R: 29/41 = 680/850
L: 21/32 = 688/850
W: ?/36 = 625/850

Total Score = 1993 ⇒ 不合格 (1次合格基準 2028)

やっぱり課題は英作文。
次回受験は
試験までの4か月間モチベーションを保ち、英作文の練習から逃げないこと 😢
10月は必ず一次通過できるよう努力します!!

英作文対策 3

2017.06.16.12:55

自身の持っている2007-3 ~の過去問題集の模範解答をすべて手で書くのは無理💦なのでタイプしたものをプリントして分析中。

一番の問題は、内容⇒3論点(サポート)をいかに自分で引き出せるか!! (=頭に入っているか💦)
なのですが、まずは
模範解答をよく読み込んで要領をつかんだ後に、テンプレート化し、自動処理できるものは出来る限り試験時間に時間をかけず、内容のみに集中できるようにしたいです。

2006-1以降のリニューアル以前はこれまで200語前後書けばよかったのが200-240語になり、またポイント6つも提示されていたのがなくなったため、自力で論点をひねり出さなければならなくなった。
英検協会によると、 CEFRのC1レベルとの整合性をより高いものにするために、社会性の高い話題について、自分で考えをまとめ、理由とと もに意見をまとめるエッセイ形式といたします。とあります。
英検2016-1~リニューアル_1級満点解答例付

構成は
Introduction - Body1 - Body2 - Body3 - Conclusion
の5パラ構成に変更はないが
正確にいうと、リニューアル前の段落の指示は3パラ以上という指示のみ。
リニューアル後の指示はイントロ、ボディ、コンクルージョンの構成でという指示。

リニューアル後の模範解答ではイントロで3つの論点を先に挙げているところが異なる。←これ名詞or名詞句にして手短に列挙するの大変💦 
また、結論でこの3論点を別の言い換えするのもミソみたい💦 ⇒同じ言葉使っちゃね~~~

私の場合、そのような高尚なことは実力的に無理なのでワンパターンで
Introduction (状況): 
- It is a controversial issue whether or not S+V
- There has been a lot of discussions and debates about whether or not S+V
- There is a growing awareness that S+V
- It is generally believed that S+V

Introduction 2:
- Personally, I think / belibe that S+V for the following three reasons.
- Athough S+V, S+V

Body:

First,
Second, / In addtion, / Moreover,
Finally,

Conclusion:

In couclusion, for the atove-mentioned three reasons / benefits, Point1, Point 2 and Point3, I believe that S+V

問題はボディを論理的に、かつ3つが被らないように展開できるかだぁ~~~~!! 
トピックセンテンス(抽象) ⇒具体的な説明、事例(具体) ⇒まとめ(結果)


↓ 過去問模範解答例 30 題

英作文対策 2

2017.06.14.22:00

これまで英作文の対策なしで過去2回試験に臨んでしまい敗北の敗因となっている英作文。
次回は何とかしたいと思って、まずは解答例の分析から始めます。

内容、構成、語彙、文法の4つの観点から採点されるので、どうすれば合格点が取れるのかじっくり分析したいと思います。
まずは過去問のタイピングから💦💦

分析結果はまた次回!!

201706100736475d2.jpg


☆英検協会の満点解答例


☆過去問2007-3~2017-1: 29問の 模範解答をタイピングしグーグルドライブへ: これでいつでもスマホ、iPadで見れるようにした ←今頃💦💦


プロフィール

Melmo

Author:Melmo
【TOEICベストスコア】
テストIP 980
公開テスト 975

【英語資格試験履歴】
1989. Cambridge First Certificate合格
2010.02 英検準1級 合格
2013.01 英検1級1次不合格
2017.01 英検1級1次不合格(R688 L678 W611 TTL1977)
2017.06 英検1級1次不合格(R680 L688 W625 TTL1993)
2017.01 通訳案内士試験合格

【TOEIC受験履歴】
1993.09 760 (L390 R370)
1994.11 730 (L430 R300)
-----------------------
2002.03 780(L445 R335)
2004.10 840(L470 R370)
2008.05 885(L480 R405)
-----------------------
2013.06 925(L465 R460)
2013.07 865(L450 R415)
2013.09 905(L470 R435)
2013.10 920(L485 R435)
2013.11 910(L485 R425)
2013.11 980(L490 R490) IP
2013.12 935(L485 R450)
2014.03 950 (L485 R465)
2014.04 905 (L480 R425)
2014.05 920 (L490 R430)
2014.06 955(L495 R460)
2014.07 960 (L495 R465)
2014.09 975(L495 R480)
2014.10 945(L495 R450)
2014.11 960(L495 R465)
2014.12 都合により棄権
2015.01 920(L495 R425)
2015.03 960(L495 R465)
2015.04 950(L485 R465)
2015.05 950(L485 R465)
2015.06 950(L490 R460)
2015.07 920(L495 R425)
2015.09 960(L495 R465)
2015.10 950(L495 R455)
2015.11 960(L495 R465)
2015.12 955(L485 R470)
2016.01 930(L475 R455)
2016.03 950(L495 R455)
2016.04 960(L495 R465)
----------------
(新形式)
2016.05 930(L495 R435)
2016.06 960(L475 R485)
2016.07 925(L485 R440)
2016.09 935(L495 R440)
2016.10 945(L495 R450)
2016.12 925(L485 R440)
2017.01 965(L495 R470)

カテゴリ
ご訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR