2017年1月TOEIC公開テスト受験しました

2017.01.30.12:10


私の受験したフォーム:Part1:水を植物にやっている写真
今回の試験は5フォームから3フォームになったのかな??

全体的な感想:
お天気は晴れ、冬の快晴とは違った春の日差しを感じた日曜日でした!!

昨年の7月以降、通訳案内士試験のためTOEIC特化の勉強をしていないのに加え、先週末に行われた英検1級受験のための読解やリスニングをやっていたため、TOEIC勘はとうとう戻らずに受験することになりました。

時間との闘いでもっと丁寧に時間をかけて読みたいところを見切って次にいかなければ時間内に終了しない、という苦しい2時間ではありましたが楽しい2時間の格闘でもありました。

TOEICならではのリーディング解法のトレーニングを積んでいないので出来なくても仕方ないと思いましたが、特にリスニングが難しいと思いました。
Part2は間接的な応答が多く??と思う問題が多々ありました。Part3&4も選択肢が長く、引っかけを狙った選択肢が散見されました。スピードも速い。
TOEICリスニングに関しては英検1級より難しい問題もあるのではないか?とさえ思えました。

直近まで英検の勉強をしていたためか英検ならではの解法を使ってTOEICを解いている自分に気が付いたりしました。
英検の解法とは、なかなか一言で説明できないのですが、文章の読み方の丁寧さやリスニングの先読みや聞き取りの姿勢がやっぱりちょっと違うのですね。
私のレベルでは、英検は1文字1文字をじっくり読まないと理解できないし、リスニングも分からないからかもしれません。

ということで1つだけの試験に集中していると1つの解法に固まりがちですが、スコアで行き詰ったりしていたらちょっと他の試験問題を解いてみる気づきが得られやすいのではないか、と思いました。

私の場合、通訳案内士や英検を受験する以前はTOEICだけに集中するのがもっとも効果効率的だと思っていたのですが、一時期ある程度集中したあとで他の教材や試験勉強をやってみるのも結果的にTOEICのスコアアップにつながると感じました。
スポンサーサイト

2016年12月TOEIC公開テスト

2016.12.12.19:50

今年最後のTOEIC。そして11月受験はお休みしたので2か月振りの受験でした。
そして受験会場は初めての慶應義塾大学三田キャンパスでした。

天井が高く、約100名着席できるようになっていました。
入室してみると、ほとんど暖房が効いておらず、廊下とほとんど温度が変わらない。
風邪をひいた状況での受験だったので、寒くてダウンを着用しての受験で、手が凍えて2時間が苦痛でした。
苦痛の本当の理由はTOEICの勉強をせずに臨んだからかもしれませんが・・・
寒い思いをしながらリスニング中は特に咳が途中でないかの心配をしていて、あまり集中していなかったかもしれません。

PART1から現在完了形だったか、現在完了進行形だったかを聞き漏らし ←(TOEICの基本のき への注意が払われていなかった)かなり怪しいスタートを切りました。

私の問題は 
女性がカルテをもって座っている。
男性が水まきしている。
(↑この写真?の描写で道路のラインが引かれているのかラインを引いている途中なのかでしばし悩んでいました。
もしかしたら図書館の棚がinstalされている、or have been installing だったかもしません💦💦)
男性が図書館で本をめくっている。
ランプが点灯している。
ボートを漕いている。
自転車の前に膝をついている男性 でした。

PART2~PART4は迷った問題はありましたが、考えても聞き漏らしたものは仕方がないのであまり引きずらずにマークしていきました。
2か月振りのTOEIC、ということで客観的にTOEICを受験した感触でしたが、やっぱり以前に比べてリスニングのスピードは速くなったなぁと、改めて思いました。

リーディングは練習を怠ったせいでPART6を終えたのが14:07
SPを終えたのが14:37という状況になり、DP、MPは粗読みとなり、最後の3問はテキトーにマークしたというテイタラクでした。

当然ながらスコアは期待できませんが、今年最後のTOEICが受験できたことに感謝します。

皆さまお疲れ様でした。

2016年10月TOEIC公開テスト

2016.10.24.12:30

受験お疲れ様でした。

今回も5フォームあったようですが、私のフォームは
ペイントブラシ、スープ、縁石に🚙駐車、屋根の下の集会、男性二人で握手、机の上のキャビネット
2つ目の写真の違いでフォームが分かれているようです。

図書館で雑誌を借りて返さない利用者の問題とレストランで働く人のライセンス更新問題はリサイクルだと思いました。
とはいえ、
今月ほどTOEICの問題を解かずに受験したのは初めてでした。
先月の公開テスト依頼、まったくTOEICに触れていない、という状態。
受験当日にリスニングの公式問題集TEST1のPart3&4をやっただけで、あとはリーディングの問題を眺めて
問題の作成ポイントなどを確認しただけで臨んでしまいました。
200問を時間以内に解き切ることは最初から考えず、1問1問を正確に解くことを意識しましたが、
現実には時間的なプレッシャーを克服できず、結果的には自分自身では意識していないけれど粗い読みになって
大切な部分を読み落としていたことも後になって判明しました。

時間配分:
PART5&6: 14:06
PART7: SPから始めMP⇒DPの順番で解きました。
200問とりあえずマークし終えた時に15:01の終了の合図がありました。

感想:
やはりリスニングの音声への反応も鈍く、致命的なことにPART5をかなりミスしてしまいました。
TOEIC試験は日ごろから大量の英文を読み、問題を解くことによってしか200問を余裕をもって終えられないことを痛感しました。
リスニングのスピードがPART3からとても速い印象を受けました。また、選択肢も長くしっかり先読みしていないと選択出来ないし、
また、音声もしっかり集中していないと聞き落としてしまう、という状況でした。
私は、『どこで行なわれている会話か』、『誰の会話か』といった3問のうち1問目は、音声を聞いた直後に分かればマークしてしまいますが、
残りの2問は音声が終わるまで聞いてから解くように新形式からしました。読みながら解くことは新形式では自分の力では無理だと悟ったからです。

来月の11月公開テストは、締切時間14:58までギリギリ悩みましたが、受験いたしません。
2013年5月以来、2回を除いて受験したので、お休みすることは締切まで躊躇しました。
今回のテストもそうでしたが、私は2つ3つの試験勉強を並行してする事ができず、どちらも中途半端になり気持ちだけが焦ってしまうため、通訳案内士二次試験(12/4)に向けて口頭試験に集中することにしました。
11/10に1次試験の結果がでますが、不合格であったら仕方ないのですが一つのことに集中してみます。


2016年9月TOEIC受験感想

2016.09.27.20:29

2か月振りの受験。
しかも7月以降、通訳案内士1次対策のため全くTOEICの勉強をしていませんでした。
全くのTOEIC勉強なしでどのようにスコアがどうなるのか、解くスピード、正解力にどの程度変化があるのか挑戦していようと半ば開き直っての受験でした。
7月以降英語をやったのは直前1週間前にPART5を200問程度。PART7の読解はどうしても気が進まず=英文を読むことが苦痛になっていました、そのため全くやっていません。

受験の感想は、リスニングの途中から『もう止めたいな、終わらないかな』などと考えてしまうくらい最初から息切れしていましたが、その後は何とか最後までやり遂げ15:01終了時間1分前でとりあえず200問マークしました。正解根拠を確認できずに適当にマークしたのは6-7問はあったと思います。
時間はPART5&6:14:03。SP;14:33で通過。

PART5は文構造を取るのが難しい問題が多くあり、しっかり読まないと解けませんでした。
因みに私が受験したフォームは宝石がディスプレイされたいる写真の問題がPART1の最初の問題です。
PART7は自分自身トレーニングしていないので、良く分かりませんが、毎日大量の英文を読み処理していないと、英語の読むことが苦痛になることが痛いほどわかりました。

2016年6月公開テスト受験感想

2016.06.27.08:41

昨日TOEIC受験された皆さん、お疲れ様でした。
以下、私の備忘録です。

受験会場は今回連続4回目となる都内大学の会場でした。
ここの設備、音響はとても良いのですが、依然2度ほど経験した階段式の大講堂の部屋になる可能性があるのでその部屋にならないかどうかドキドキします。大講堂教室は天井が高いため照明が暗く、スピーカーは講堂の両脇通路に立てて音声が水平に流れるので苦手な部屋なのです。しかし、今回も何とかその講堂にはならず良かったです。

私のフォームは、
1)男性が車のドアを開けている→開けているのかどうか分からない写真でしたが消去法で解きました💦
2)女性が書類を見ている
3)男性がオフィス機器を修理している
4)電子レンジが積まれている
5)ショッピングモールでカバンがディスプレイされている
6)木の下にベンチがある
でした。

今回の受験に際し、5月のリーディングが30点も下がったことが月曜日に判明し、その後やや意気消沈していました。準備もあまりできなかった受験です。

リーディングについて、前回は特に新形式、という事で時間を意識し過ぎて超スピードを上げて読み飛ばし、失点している可能性がありました。今回は焦らず1回のリテンションできるよう内容を理解保持できる速度で読むことを意識して臨みました。
結果は、大分リテンションしながら読み進められたことで結果的には時間短縮できました。それでも自覚症状なしに読み飛ばしている部分があることを後で気づいたりしたので、まだまだリーディングについては課題が山積です。

昨日の時間配分は
PART5&&6: 14:02
PART7 SP: 14:28
PART7 MP: 14:52終了 

リスニングが前回以上に自分としては出来が悪かったです。495は取れていないと断言できます。PART3で先読みできずに次のセットへ行かざる得ないセットが2セットもありました。これは初めての経験です。今、冷静に考えると、聞きながら解答が分かった途端にマークしながらやっていたので、途中聞き逃してしまったのだと思います。マークミスを恐れて分かった瞬間にマークしたくて待てないのですね。

意味がおかしいなと悩んだbeforeをprior to を選択してしまいました💦
なぜ in front ofを選べなかったのか今頃反省中です。PART5の --- designs lends itself to にはかなり迷いました、文構造が取れずにitselfを選択。

まだまだ修行が足りません。
でも、新形式になっても慌てず平常心をもって臨めば時間内に必ず終えられることに自信を持つことだと思います。そのためには日ごろからの練習は必要ですが。 なのでこれからも読む練習を継続していきます。
プロフィール

Melmo

Author:Melmo
TOEICベストスコアIP 980
TOEIC公開テスト 975

【英語資格試験】
1989. Cambridge First Certificate合格
2010.02 英検準1級 合格
2013.01 英検1級1次不合格
2017.01 英検1級1次不合格(R688 L678 W611 1977/2028)

2017.01 通訳案内士試験合格

【TOEIC受験履歴】
1993.09 760 (L390 R370)
1994.11 730 (L430 R300)
--------------------------
2002.03 780(L445 R335)
2004.10 840(L470 R370)
2008.05 885(L480 R405)
--------------------------
2013.06 925(L465 R460)
2013.07 865(L450 R415)
2013.09 905(L470 R435)
2013.10 920(L485 R435)
2013.11 910(L485 R425)
2013.11 980(L490 R490) IP
2013.12 935(L485 R450)
2014.03 950 (L485 R465)
2014.04 905 (L480 R425)
2014.05 920 (L490 R430)
2014.06 955(L495 R460)
2014.07 960 (L495 R465)
2014.09 975(L495 R480)
2014.10 945(L495 R450)
2014.11 960(L495 R465)
2014.12 都合により棄権
2015.01 920(L495 R425)
2015.03 960(L495 R465)
2015.04 950(L485 R465)
2015.05 950(L485 R465)
2015.06 950(L490 R460)
2015.07 920(L495 R425)
2015.09 960(L495 R465)
2015.10 950(L495 R455)
2015.11 960(L495 R465)
2015.12 955(L485 R470)
2016.01 930(L475 R455)
2016.03 950(L495 R455)
2016.04 960(L495 R465)
----------------
(新形式)
2016.05 930(L495 R435)
2016.06 960(L475 R485)
2016.07 925(L485 R440)
2016.09 935(L495 R440)
2016.10 945(L495 R450)
2016.12 925(L485 R440)
2017.01 965(L495 R470)

カテゴリ
ご訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR