今日は英語部イベント開催

2015.02.28.11:34

今日は英語部の年に二度あるイベント=勉強会です。
昨年2月に初めて参加しました。8月は参加できませんでしたが、今回は懇親会等含め最後まで参加します。
色々学習面で迷走中なのでいろんな方からの意見、お考えなど参考にしたいと思います。
そして大事なこと。イベント参加して、それっきりにならない事ですね。

参加前に4月のTOEIC申込とTOMATO3 TEST7を解きました。
あすPoohさん学習会欠席なので、問題だけは自力でやっておかないと置いてきぼりになっちゃうから。
あまり集中せずに問題解答したので結果は
LC: 92/100 (0、-2、-2、-4)
RC: 93/100 (-3、-1、-3) ←読解は甘くみてしまい、粗粗読みになってしまいました。語彙は英検単語も散見されました(^_^;)

本日参加される皆様、お会いしたよろしくお願いします。
スポンサーサイト

考えていること

2015.02.26.15:01

TOEIC 3月受験申込者が20万人超えたそうです。
世の中的には大学生、社会人の英語学習といえば TOEIC になるのか・・・・

わたし的には 神崎先生のブログ2/19 に激しく同意。
事実、わたしはTOEICスコアばかりを気にし、アウトプットの練習を全然していない。

TOEICだけでなく幅広い英語の学習をすべきと思うのだけれど、
限られた時間で他の学習をしたら”TOEIC勘”とか”慣れ”に悪影響があるのではないのか、とか・・・心配したり。
そもそもその程度の力なら無いも同じなのに。
そして他の学習=英検1級にしてもわたしの場合、学習自体がハードル高すぎておよび腰なんです(ーー;)

TOEICスコアアップと使える英語を両立できる方法を真剣に考えようと思う。
この澤田健治さんのサイト、神崎先生が紹介していたので参考にさせてもらおうと思います。本当に役立つTOEIC勉強法

そろそろTOEIC学習を継続しつつ(スコアもアップしつつ? ←出来るのか?)英検などの学習を通じて語彙、語法、読解、ライティング、会話もしなければ。有言実行出来るか??

TOMATO 3 TEST6

2015.02.22.22:28

昨日はPoohさん学習会参加出来なかったので、遅れないよう ”ぼっち解き”しました。
LC は上手くすべての音声が機器に転送できず直接PCから

LC: 93/100 (-1、-2、-3、-2)
RC: 96/100 (-2、-1、-1)

RCは特に易しめだったのかな??
私はまだまだPART5は14分位かけてます。自分と傾向として焦ってPART5を解くと文の構成を取り違えるからです。
また、PART6&7も一度読んで、戻ることは殆どしないように読むため、ほとんど時間は残りません。
でも正解率が上がる(気がする)から今のところ時間内に終わるなら焦って読まずに本文を隅から隅まで読みます。
とはいえ、全ての文章の構文まで正しく理解している、という事では残念ながらありません。ただ全て意味は一応抑えている、といった程度です(^_^;)
全文を読んだ後、問題にいくと、だいたい選択肢が直ぐに分かるからストレスがありませんし、本文に戻って探し回ることも殆どないです。

たぶんTOMATO3のリーディングは、公式に比べやや文章量は多いかもしれませんが、問題は比較的易しめだからだと個人的には思っています。
TEST8からはadvanced testなので激ムズのようですが。

次回の学習会も欠席なのでTEST7も”ぼっち解き”だ(^_^;)
TEST6も復習もしなければなりませんね。

英語を正確に読めるようにしたい

2015.02.22.12:42

昨日は所用でPoohさんTOEICの学習会は欠席しました。なので”ぼっち模試”をしなければ・・・
と思いLCを始めたところ、問題がところどころ抜けている。きちんとDL出来なかったのか?あるいはウォークマンに転送できていなかった模様。なので仕切り直しします。

今週から私の永遠のテーマであるもっと読解力をつけるために、英文解釈本を始めます。
TOEIC的にはこのような英文解釈本は必要ないと思いますが、もっと難しい文章 - 英検1級レベルの文章- を読めるために、です。
この本、もう古典的な本かもしれませんが新装版になって読みやすくなりました。そして、はしがき から読んでも おっしゃるとおり!! 当たり前な事と言えばそうですが、”できない””つらい”と思うとついつい安易な方法は別にないか?と思ってしまいます。
とにかく、ゆっくり納得するまで英文とにらめっこして英文と格闘するしかない!! たくさん読むしかない、と思いました。
←何かいつも同じこと自分で言ってるけど(^_^;)

昨日、用事で最初の30分しか聞けませんでしたが、Schooで授業をされたHummerさんもPART7の解き方の冒頭の方で ”一回で読んで理解する”とおっしゃていました。
いくら早く英文に目を走らせても早く理解できるようにはなりません。自分のアタマで英文処理できるスピードでなければりテンションもできない。英語は配列で意味が決まる言語。だからやっぱり文型。

私に響いてきた富田先生のことばです。
入試英語、TOEIC,英検など全ての英語に共通だと思いました。

☆ 英語の(入試)問題は、正確に読んだものだけが正しい解答を迷わず得られるように作られている。正確に読んでいない者、文法的な理解があやふやな者は、いくつか並んでいる選択肢の二つ以上が正しいものに見えて迷ってしまうのである。 実は試験時間で足りなくなる最大の元凶はこの『迷っている時間』である。

☆ 正確に読む訓練、いわゆる精読を積み上げていけば、自然に読む速度、解答する速度は上がっていくものであって、理解が曖昧なまま安易に速読に走ったりすれば、またぞろ『いくらやってもできるようにはならない』という無感地獄に陥ることになる。

☆ 英語は『なんとなく』『勘で』分かるものなどではない。誰にでも完全に、正しく理解できるものである。

☆ 目に見える語句の配列に対して、常に『なぜ』を考えること

☆ 読み方は一つ - 文それぞれの意味を正確に理解し、それを積み上げて全体を理解する以外に正しい読解の方法などありようがない

富田の英文読解100の原則 上 (新装版)富田の英文読解100の原則 上 (新装版)
(2009/04/11)
富田 一彦

商品詳細を見る

2/14 PoohさんTOEIC学習会 + 2/15 コガケンさん学習会 参加

2015.02.19.15:33

もう1週間が過ぎようとしていますが、先週末は2/11に続き週末二日連続学習会に参加してきました。
自宅にいても勉強しない、出来ないから^^;

TOMATO 3 もTEST5となり、ちょうと半分です。
相変わらずリスニングが厳しい。PART3&4ともに先読みしているはずなのに選択肢を読み切れず”えいっやー”的な選択をしないと遅れがち。 リーディングが苦手な私がLC<RC なんだから^^;
結果: 
LC: 89/100 (0、-3、-4、-4)  
RC: 93/100 (-3, 0、-4)

TOMATO のリスニングはいくら後で聞いても聞き流し程度では全然聞こえるようにはなりません。
音と文字の一体化を図らないと永遠に聞こえない。
自分の経験値からの蓄積している音のカタマリとの乖離です!

TOEIC学習会終了後、有志が残り、Michさんによる英検合格体験談&学習方法を教えていただきました。
これについては別途思うところもあり、別の記事にします。

翌日の日曜日はコガケンさんのPART別学習会で公式実践(Part5のみTEST4-6)を久しぶりに解きました。
Poohさん学習会とは異なり、某カフェでのラウンドテーブルを囲んで1ドリンク付き学習会。
解きまくる会の最初はこの系列カフェで、みんなで仲良く肘を突き合わせて模試解いていましたね♪
懐かしい!!!
しかも、昨年の同じ時期、2月の解きまくる会は大雪で3-4名だったことを思い出します。

色々な方が自ら学習会を企画、開催されるようになり、今年はTOEIC学習会花盛り!!



動詞の後ろの形が意味を決定する編 ③

2015.02.19.14:00

”動詞の後ろの形が意味を決定する” と記事し、そのまま放置していたので、8つの分類だけ下記にまとめておきます。
TOEICのスコアに直結するものではありませんが、動詞がこういう形を取ることを知っていると意味を早く解釈し易くなるだけです。どちらかというと英検のような長文に使えるのかも。です。
前にも書きましたがTOEIC的には受動態の形で遭遇することが多いので元の能動態の意味を理解しておくのが大切、と私的には力説しておきたいです。 花田先生の『文法特急』にも同じようなことが記載されてますしね。
能動態できれいに遭遇することのほうが少ないと個人的には思います。
ということで、のこりの8-2=6つの分類です。

② 『動詞+A for B』
2-1:A for B のfor が理由のfor だった場合は”賞罰”などを表す動詞が来ることが多い
blame A for B
condemn A for B →英検1級
censure A for B → 英検1級
criticize A for B
punish A for B
praise A for B → TOEIC頻出
thank A for B → TOEIC頻出

2-2:AをBと交換する・みなす
exchange A for B
subsitute A for B
buy A for B →A(物)をB(金額)で買う
sell A for B
take A for B →AをBとみなす
mistake A for B →AをBと間違える

④ 『動詞+A from B』
4-1: 動詞+A from doing : Aが・・・しないようにする
prevent A from doing
keep A from doing
stop A from doing
hinder A from doing →Part7,英検
prohibit A from doing
discourage Afrom doing

4-2: AとBを区別する
distinguish A from B
tell A from B
know A from B
discern A from B: discern good from evil 良し悪しを見分ける S discern that ___  わかる →英検1級

4-3: BからBを得る
derive A from B: ___に由来する →英検1級

⑤ 『動詞+A on B』 AをBに与える←(Bの上に置く) pressure のon
confer A on B: AをBに与える。 自動詞+with,about,on 話し合う →英検1級
place A on B
impose A on B
blame A on B
inflict A on B =force, impose

⑥ 『動詞+A into B』 おなじみなのでちょっと省略^^;
6-1: AをBに変える: change A into B, turn A into B, convert A into B, divide A into B, put A into B
6-2:AをBの中に入れる: infuse A into B, talk (puersuade) A into doing ⇔talk (persuade) A out of doing

⑦ 『動詞+A to B』
7-1:AをBに与える
add A to B
do A to B : A(益・外)をB(人)に与える
attach A to B
attribute A to B: AをBのせいにする
ascribe A to B: 同上

7-2:AをBに連れていく、もたらす: take A to B, bring A to B

7-3: B の状態にする(変える): reduce A to B, change A to B

⑧ 『動詞+A as B』 AをBとみなす(思う)
regard A as B
look on A as B
see A as B
think A as B
speak of A as B: AはBだと言う
refer to A as B:  同上


動詞の後ろの形が意味を決定する編 ②

2015.02.14.10:20

昨日動詞に続くあとの形が文章の意味を決定(規定)その①を記載してので続きを。

意味を規定する、といえば大げさな話しですけど。
『文型・語法』の話しとひとくくりで言ってしまえばそういうことだと思います。
いくつかのパターンがあるから、整理して覚えておきましょう。という事。

とはいえ他動詞ひとつとっても、いろいろな語法を取るので難しいですね。基本語であればあるほど、沢山の語法があり、2、3つ覚えていても間に合わない場合があります。
先日の”ラビ&ブッチPART5マシンガン” の学習会でもthink という中学1年生でも知っている超基本語。
しかし私はSVOC であるから形容詞を選択しなければならないところを何故か名詞のBを選択してしまい✖ でした(//∇//)

問題がこのような形で出題されていました(一部変更)

The Ministry of Finance thinks it _______ to inspect the financial reports of banks to prevent further deterioratio of the economy.
A) necessary B)necessity C)necessarily D) necessitate
-----------------
think (vt)
SV that ---
SVO to be C
SV to do
とか色々は語法がありますから

8分類の語法整理を記載するハズでしたが、またのちほど・・・(^_^;)
今日はPoohさんのTOEIC学習会、TEST5です!!

なぜ英語の意味がわからないか① (動詞の後ろの形が意味を決定する編)

2015.02.13.12:48

中学・高校でしっかり英語の基礎を学習した人は、以下に記載したような問題に一切直面せず、一時的に英語から離れていても、再度参考書なりを勉強すればTOEICの文法程度なら直ぐに思い出すんだろうなーーと、思うこのごろ。
それだけ私は英語にコンプレックスがあるから、未だに英語から離れることはないんだと思う。(出来ない!と断言)

高校で英語の『5文型』は習ったけれど、この文章がどの文型に当てはまるのか、に終始していたように思う。
実際にどう実際の英語という大海原に出たときに、この文型が如何に大切となるかを知らずに・・・
外国語だから文法の重要性、特に 英語は語順で意味を決定する言語だから その重要性を特にもっともっと強調して貰いたかった。 と恨む(恨んでいた)。
多分、先生はキチンと教えていたのにも関わらず、自分自身の理解不足と演習不足がその原因かもしれないけれど。 おそらく後者だ、と今は思う。

当時から今に至るまで単語の意味をテキトーに前後関係や文脈とかから類推して意味を取る、という 有り得ないやり方です。
文の意味の正しい思考回路ができていれば、こんなに今、苦労しなかったのにな。☚完全に仮定法過去完了(^_^;)

5文型に加え、動詞の後ろの形が意味を決定する形。 これをもっと強化すると、もっとラクに英語が読めそうです。 
動詞が違っても、だいたい、類推できそうです。→全てではありませんが(^_^;)
類推?? といっても先程のテキトー読みではありません。S・V・O・Cを取り違えないで意味を取る方法です!!

ときどき参考にしている参考書(下記参照)によると8分類されています。特に私の苦手な文型を備忘録として記載します。
ただし、いつも能動態として文章に登場するわけではありませんから、受動態で出会ったら必ず、能動態に戻して確認作業必要ですね!!

① 動詞+A with B

1-1: AにBを与える型 → TOEIC頻出の型ですね!!
provide A with B
furnish A with B
supply A with B
entrust A with B → AにBを委ねる。この形と動詞 先日まで知らなかった(^_^;)
impress A with B
present A with B
trust A with B

1-2: AとBを結びつける型
combine A with B
assocciate A with B
mix A with B
identify A with B →AをBと同一視する
concern A with B →AをBと関係させる
*  ただし、with は手段、同伴を表す場合あり → I struck a ball with my new racket. / I visited the village with my friends.

③動詞+A of B 型
主な意味3つ:
3-1:A(人)からBを取り去る
rob A of B
deprive A of B
clear A of B
emply A of B
relieve A of B
rid A of B
strip A of B

3-2:B(人)にAを求める
ask A of B
demand A of B
expect A of B
require A of B

3-3:A(人)にB(情報など)を与える →TOEIC頻出!
inform / notify A of B
convince A of B
persuade A of B
remind A of B
warn A of B

続きはまた!

参考にしたのは以前にも紹介したこの参考書

英文読解スマートリーディングLESSON BOOK (アルク学参シリーズ)英文読解スマートリーディングLESSON BOOK (アルク学参シリーズ)
(2008/05/02)
山下りょうとく

商品詳細を見る

ラビ&ブッチのPART5マシンガン参加

2015.02.12.12:00

昨日は祭日の1日 午前9時~17時まで ”ラビ&ブッチのPART5マシンガン”に参加しました!!

PART5に特化した学習会は昨年の”灼熱の合宿”以来です。
企画開催されたブッチさん、ラビットさん ありがとうございました!感謝です。また、淀みなく解説し続けるラビットさんには言葉もありません。素晴らしいです!!

ほぼ毎週韓国模試1セット、Poohさん勉強会で解くだけ(復習がおざなりなので・・・)はしておりましたが、PART5に特化しての学習会はまた別の意味で大変勉強になりました。私の最も苦手なPART5 ですから・・・(^_^;)

結果を見ると やっぱり ダメダメ。 362/400 ☚ 誤答平均3.8問
難易度的には難しい語彙、長文は散見されましたが、問題に絡んでいない事も多く、公式試験より若干高い~同レベルなので誤答は1-2問で抑えないとダメでした(☚ 希望的観測のみ(^_^;))
実力がありません。即ち基礎がない。
こんな状態ではRC470-480を取得できる訳がありません。
PART5を制覇しなければPCは永遠に目標スコアには達することはない、と再認識

昨日から学んだこと
☆ PART5、苦手な以上、もっとしっかり弱点補強の学習する必要性
☆ 一度覚えてことでも語彙、語法とも忘れている → 常日頃の皿回し(メインテナンス)が必要性
☆ 質と量をバランスよく、時には5セット位は一気に問題を解いてPART5のクセを掴むことが必要。少なくとも1日1セットはやらないとダメ
☆ 私の場合、問題解答時間を10分で全文読み確認して解答することはムリな段階。焦って10分解答しないようにするためには、
① テスティングポイントご瞬殺 
その後、
② 全文構文など確認し、念のため選んだ正解を確認 
という事ができないと正解率は上がらないと思います。

結果: (ホント、お恥ずかしい結果です(//∇//) 自分の誤答分析をやりたいと思います)

テスト① 36/40 11分46秒
テスト② 35/40 計り忘れ
テスト③ 36/40 12分4秒
テスト④ 36/40 12分53秒
テスト⑤ 38/40 13分43秒
テスト⑥ 39/40 11分55秒
テスト⑦ 34/40 13分11秒
テスト⑧ 35/40 11分57秒
テスト⑨ 39/40 9分42秒 ☚ 唯一の10分切り、かつベストスコア
テスト⑩ 34/40 13分56秒 ☚ 自宅にて実施。 最も時間が掛かり、かつワーストスコア(^_^;)

2/7 & 2/8 の学習会~ 気づきと学んだこと

2015.02.10.09:53

週末2日続けで学習会参加してきました。

土曜日はPoohさんの学習会においてTOMATO 3 TEST4
LC: 91/100 (0、-3、-2、-4)
RC: 92/100 (-5、0、-3)

リスニングでは、Part1 かろうじてノーミスですが、?マーク(=キチンと聞き取れなかった選択肢含む)は3問。
Part2においては誤答3問に対し、8問が?マークです。
Part3と4は ?マークがないのにも関わらず2ミス、4ミスをしている →自覚症状なしに間違っているという事実。
私の場合、Part3&4に?マークを付けたものは、ほぼ99%間違えます。→聞き取れなかった事がいつもハッキリしており、その瞬間でミスが分かるのですが、今回は自覚症状なく誤答。感覚がちょっとズレているようです。
なぜかその原因を調べないとマズイですね。

リーディングは、Part5があいかわらず間違う。これって基礎がない証拠。Part5を何とかしないと永遠にリーディングのスコアは改善されないと思います。基本的な問題含め解答プロセスを見直ししなければいけません。


日曜日はブチブッチさんの学習会で公式Vol.6 TEST1
自分にとっては2回目の問題解答だったと思いますが、間違った。
解答に際しては、初心の状況を想定して、解答を丁寧にしていく事を心がけました。
そして間違った
LC: 96/100 (0.-2、-1、-1)
RC: 99/100 (-1、0、0)
リスニングは油断していて聞き漏らし、リーディングは140を間違った!情けない(´;ω;`)

burden (vt) SVO with O = cause (someone) worry , hardship, or distress
impose (vt) SVO on O = (with obj.) force (an unwelcome decision or ruiling) on someone

負わされる人、モノの 2つの目的語の使い方が違う。
私の勘違い=→ impose は必ずon がないとイケナイ、と思い込んでいた = 辞書の例文にも必ず impose sth. on sth/sb とあり on 以下の目的語があるから。 でもこの140問題は無い。 当事者の会社、企業が担うのは明白だから省略なんだろうか。
まあburden は受動態に使われることが多そうだし → be burdend with / by sth つまり、目的語が人が来ることが多いってことか。 ということで納得。 

もう間違わない!!
 
プロフィール

Melmo

Author:Melmo
TOEICベストスコアIP 980
TOEIC公開テスト 975

【英語資格試験】
1989. Cambridge First Certificate合格
2010.02 英検準1級 合格
2013.01 英検1級1次不合格
2017.01 英検1級1次不合格(R688 L678 W611 1977/2028)

2017.01 通訳案内士試験合格

【TOEIC受験履歴】
1993.09 760 (L390 R370)
1994.11 730 (L430 R300)
--------------------------
2002.03 780(L445 R335)
2004.10 840(L470 R370)
2008.05 885(L480 R405)
--------------------------
2013.06 925(L465 R460)
2013.07 865(L450 R415)
2013.09 905(L470 R435)
2013.10 920(L485 R435)
2013.11 910(L485 R425)
2013.11 980(L490 R490) IP
2013.12 935(L485 R450)
2014.03 950 (L485 R465)
2014.04 905 (L480 R425)
2014.05 920 (L490 R430)
2014.06 955(L495 R460)
2014.07 960 (L495 R465)
2014.09 975(L495 R480)
2014.10 945(L495 R450)
2014.11 960(L495 R465)
2014.12 都合により棄権
2015.01 920(L495 R425)
2015.03 960(L495 R465)
2015.04 950(L485 R465)
2015.05 950(L485 R465)
2015.06 950(L490 R460)
2015.07 920(L495 R425)
2015.09 960(L495 R465)
2015.10 950(L495 R455)
2015.11 960(L495 R465)
2015.12 955(L485 R470)
2016.01 930(L475 R455)
2016.03 950(L495 R455)
2016.04 960(L495 R465)
----------------
(新形式)
2016.05 930(L495 R435)
2016.06 960(L475 R485)
2016.07 925(L485 R440)
2016.09 935(L495 R440)
2016.10 945(L495 R450)
2016.12 925(L485 R440)
2017.01 965(L495 R470)

カテゴリ
ご訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR