英会話レッスンをして思うこと

2014/1/30
記事にしていませんでしたが、昨年12月よりネイティブ講師との英会話レッスン(約1時間)を週一回程度、マンツーマンで受けています。
始めたばかりなのでレッスンの進め方など固まっていませんが、とういうか私が何を、どのように会話を通して学びたいのかきめかねている・・・しかし、基本的に何をするかは生徒の希望次第なので、臨機応変に様子をみながら受けています。
折角なので、毎回エッセイを書いて添削もしてもらっています。昨日のエッセイは1/13の成人式を導入に、成人年齢の引き下げの是非について書いてみました。英検の勉強を止めてから久しく書いていないので、時間がかかります(汗)
TOEICの問題を解いているだけでは分からない、冠詞、単複の使い方が不明な点や自分の書く癖(redundant)がはっきりと分かるため勉強になります。

講師から1/27が International Holocaust Rememberance Day だったらしく(知らなかった・・・)記事をもらい、いっしょに読んでみました。語彙が難しく、内容も背景知識が乏しいから意味分からない・・・(^_^;)
よって、レッスンも会話にならない・・・ 意見が出せない。背景知識をつけた上で望まないとダメですね。

先日の英検についての記事にも書いたように同じ英語の勉強といっても幅が広い。TOEICは本当に英語の基礎の基礎であり、ビジネス上のコミュニケーション力を測る試験である事を実感します。ライティングについてもビジネスレターは定形にハメて書けば良いけれど、フリーに自分の意見をまとめて書く、話すということは英語力だけでなく、幅広い見識も必要ですねーー

まずは基礎をしっかり身に付ける事が必要。まだまだその段階です。

3月TOEICまで45日となり、試験対策について現在思案中・・・
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い