リーディング対策(6時間)の感想と効果

6/11(土曜)、長友さんのリーディング対策 自習会?勉強会?に行ってきました。
普段一緒に勉強するときは、PART7の解答根拠、不正解選択肢の理由、パラフレーズの指摘と気になる語彙、語法をディスカッションすることが多いのですが、今回は私にとっては初めての経験。

PART7を音読しながら問題を読む、解くというものでした。
普段、音に出さずに英文を読んでいるところをすべて音に出して読み、解答するプロセスすべてを音読する、というもの。
そして解答終了までの時間を計測しておき、2回目同じことをしたときの時間を比べました。
当然ながら2回目の方が時間は短縮されますが。2回目を解答プロセスを確認しながら同じように解く、というのがポイント。

音読することによって、英文をしっかり読むので内容がよく頭に記憶される気がしました。
それでも、だんだん音読に慣れてきて早く解こうとして単に内容を理解していない音読すると、内容把握が弱く、結局もう一度読むことになりましたねーー

当日は13時から19時、多少の休憩はしましたが、ほぼ6時間通しで問題をそれぞれ2回ずつ繰り返してやりましたが、いろいろな気づきがありました。(忘れてましたが、正味5時間でした、残り1時間弱はリスニング1セットだった(-_-;))

6時間って長時間のように見えますがあっという間でしたし、たくさんの問題を解けませんでした。
消化した問題数は
初見問題: TP 3セット、DP 2セット SP 2セット
3回目の問題: TP 3セット、DP2セット

音読は確かに内容記憶=リテンションは効きますね--
本番は音読できないけれど・・・・
やる気がない、イマイチ集中できないときは特に良いかもしれません。

6月の受験票も発送されたようで、2週間もないのですが、リーディングPART7も対策が必要。それに加えてPART5&6の精度とスピード[15分以内]の訓練もしないと間に合わない、と焦りはじめています。、

平日の夜、一度帰宅すると、夕飯、晩酌?、海外ドラマ、と誘惑がいっぱいなので、自習室をレンタルしたい気持ちがふつふつとわいているこの頃です。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い