通訳案内士試験 1次試験対策のふりかえり


通訳案内士一次試験の振り返り。
既に1か月以上経過してしまいましたが自分の忘備録として記録しておきます。

大学受験以来の社会科勉強。

社会科3教科を開始したのは7月のTOEICが終了してからなのでほぼ一か月間しかやっていないので覚えられないのは当たり前かもしれませんが、自分のアタマの理解力、記憶力の悪さに嫌気がさしました。

日本歴史
日本地理
一般常識

過去問 5年分を参考にしましたが、2015年度から大幅に観光地視点へ傾向が変わったので、何をしたらよいか分かりませんでした。
歴史は教科書や参考書で通史と文化史をやることで大きく傾向から外れることはなかったかもしれません。暗記出来なかったけれど、歴史の勉強は興味深く、楽しくかったです。ただテストじゃなく覚えなくてもよければ、の話。
一番がんばって勉強した結果、一次試験では80点とれましたが、今年の試験はオーソドックスだったので平均点も高いようですね。これまで過去にでなかった古墳、遺跡を地図上での場所、都道府県、遺跡名を問う問題の出題されましたが、歴史の最初だったので正解できてよかった。この問題だけで12点の配点がありました。

地理は、47都道府県の位置と県庁所在地から覚えるところからのスタート💦
最初は、四国の4県の場所すらあやふやだったほど・・・・ 東海より西については全く疎かった。
2015年は日本の世界遺産、ジオパークからの出題ばかりでしたが、今年2016年はジオパークは一切出なかったです。

一般常識は、結局時間が足りなくなって、ほとんど手を付けずに受験となってしまいました。
今年は選挙制度が変更になり、そこを狙われるのではないか、と気にはしていましたが、勉強していなかった。
やっぱり出題されました。基本的な事柄で点数を取れなかったことが情けなかったです。

11/10の一次試験合格発表があるまで通過しているかどうかは分かりません。
私は地理が合格基準点ギリギリのボーダーラインだからです。

総括としては、勉強不足で臨んだ試験でした。もっとしっかり勉強したいです。
そういう意味では、一次通過しなかった場合、あるいは仮に通過したとしても二次試験は厳しそうなので、来年もう一回一次試験から挑戦するのも悪くないと思ったりしています。

Photo: 
一次対策で使用した教材。これに加えハロー通訳のマラソンセミナーの音声とテキストを参考にしました
何を勉強したらよいか分からず教材費に大分費やしたかも💦
買いすぎ!! 特に日本史はアレコレこの写真に載っていないものもまだ買ってました💦
センター試験や来年も使うかもしれないからいいかな💦 

1次試験対策
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い