過去問2016-2 準1級と比較してみる

英検1級の問題を解く事自体が辛く、その苦痛の原因の具体的な理由を見つけるために準1級の最新過去問(大問1-3) をやってみた。
準1級ならば辛くないのか??

23/25
6/6
9/10
Total 38/41

やはり辛かった。1級問題より辛さは少ないけれど。
正解率は確かに1級より全然マシでしたが、しんどかったのは変わりない。
長い英文読むのが苦痛なんですね。

内容一致問題: 文章の内容は興味深いけれど、選択肢を見て正しく言い換えられているかどうかを照合する作業が苦痛。
1級との違いは、語彙や構文が多少易しい分だけ文章の理解度が上がり選択肢の照合作業の精度が上がり正解率が増す。

因みに2016-2 準1級の文章は

Education: What Works?
The Mystery of Mesa Verde
The Maple Syrup Federation
The Bystander Effect
The Gut Microbiome

当たり前の事ですが、いかに1級の文章の理解度を上げ、選択肢の言い換えに慣れるか。

空所補充問題: 選択肢自体を理解するのに時間がかかる。それでもやはり本文の内容理解度次第で正解率は変わる。
内容一致問題はパラグラフ毎に設問があるので正解を探しやすいが、空所補充問題はきちんと文脈を追えていないと難しく苦手です。

結局、当たり前だけれど
語彙
語法
長文の慣れ
選択肢の照合作業に疲れない体力
が必要💦💦

準1級の語彙も穴だらけ、まず瞬殺できないから時間かかる😫😤

どれだけやれば読解体力つくのか人体実験を継続します😬😖😖

追記:
この後、1級の過去問2014-3 をやって見ましたが、ボロボロ状態でした。半分以下の正解率で嫌になりました😫😖😖
読解の文章が全然理解できず、選択肢を選べなかった💦💦
文章の内容によりかなり読み易さに違いがでる。たとえ背景知識が一切なくても違う。色々な文章に慣れるしかないのかな😥
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い