英作文対策 3

自身の持っている2007-3 ~の過去問題集の模範解答をすべて手で書くのは無理💦なのでタイプしたものをプリントして分析中。

一番の問題は、内容⇒3論点(サポート)をいかに自分で引き出せるか!! (=頭に入っているか💦)
なのですが、まずは
模範解答をよく読み込んで要領をつかんだ後に、テンプレート化し、自動処理できるものは出来る限り試験時間に時間をかけず、内容のみに集中できるようにしたいです。

2006-1以降のリニューアル以前はこれまで200語前後書けばよかったのが200-240語になり、またポイント6つも提示されていたのがなくなったため、自力で論点をひねり出さなければならなくなった。
英検協会によると、 CEFRのC1レベルとの整合性をより高いものにするために、社会性の高い話題について、自分で考えをまとめ、理由とと もに意見をまとめるエッセイ形式といたします。とあります。
英検2016-1~リニューアル_1級満点解答例付

構成は
Introduction - Body1 - Body2 - Body3 - Conclusion
の5パラ構成に変更はないが
正確にいうと、リニューアル前の段落の指示は3パラ以上という指示のみ。
リニューアル後の指示はイントロ、ボディ、コンクルージョンの構成でという指示。

リニューアル後の模範解答ではイントロで3つの論点を先に挙げているところが異なる。←これ名詞or名詞句にして手短に列挙するの大変💦 
また、結論でこの3論点を別の言い換えするのもミソみたい💦 ⇒同じ言葉使っちゃね~~~

私の場合、そのような高尚なことは実力的に無理なのでワンパターンで
Introduction (状況): 
- It is a controversial issue whether or not S+V
- There has been a lot of discussions and debates about whether or not S+V
- There is a growing awareness that S+V
- It is generally believed that S+V

Introduction 2:
- Personally, I think / belibe that S+V for the following three reasons.
- Athough S+V, S+V

Body:

First,
Second, / In addtion, / Moreover,
Finally,

Conclusion:

In couclusion, for the atove-mentioned three reasons / benefits, Point1, Point 2 and Point3, I believe that S+V

問題はボディを論理的に、かつ3つが被らないように展開できるかだぁ~~~~!! 
トピックセンテンス(抽象) ⇒具体的な説明、事例(具体) ⇒まとめ(結果)


↓ 過去問模範解答例 30 題
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い