『英語で読む高校世界史』の底本を入手



以前購入した 『英語で読む高校世界史』 の底本を近所の教科書販売店に依頼していましたが入手できました。 この底本は東京書籍 2012年3月検定済、世界史B 301 なのですが既に改定版が出ているため、旧版を購入できるかのか不安でしたが大丈夫でした。

教科書の方は写真も豊富で字も大きい。
英語版の方はほぼ文字だらけでレイアウト的に美しくないのですが、読みやすくレイアウトしたらページ数が増えちゃうから仕方なかったのでしょうね・・・ 

世界情勢の理解のためにも歴史は大切。
日本語と英語を見比べつつ理解を図っていきたいと思います。

教科書ではありませんが『一億人の英文法』でおなじみの大西泰斗先生の新しい本が出版されたようです。
総合英語FACT BOOK これからの英文法
残念ながら学校用の参考書のようで一般人は購入できないようですが、英語参考書マニアとしては興味深々です。

本の内容の紹介動画もサイトにあり、語順+指定と説明のルール(⇒私的解釈:修飾のこと)を学び
4技能が飛躍的に効率化できる、と説明ありました。

スポンサーサイト

2 Comments

りゅう  

世界史B

こんにちは!

私は平成29年度版にしました。
いずれにしても、教科書がカラフルで読んでいて楽しいですね。
山川出版のものよりも気にいっています。
世界史に限らず、今の教科書は読み易くていいです。
帝国書院の詳説地理Bを併せて読むと楽しいですよ。

2017/07/08 (Sat) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Melmo  

りゅうさん、お久しぶりです

コメントありがとうございます!!
最近の教科書はカラフルでとても良いですね。
世界史も日本との関連とか、環境問題の記載とかあり、ずいぶん自分の時代とは違うのだな~~💦と感じます💦
世界史の知識を少しでも身に付けていきたいです。

りゅうさんは放送大学で学んでいらっしゃるのですよね。
頑張ってくださいね!
ではまた

2017/07/08 (Sat) 23:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い