英作文対策 3

2017.06.16.12:55

自身の持っている2007-3 ~の過去問題集の模範解答をすべて手で書くのは無理💦なのでタイプしたものをプリントして分析中。

一番の問題は、内容⇒3論点(サポート)をいかに自分で引き出せるか!! (=頭に入っているか💦)
なのですが、まずは
模範解答をよく読み込んで要領をつかんだ後に、テンプレート化し、自動処理できるものは出来る限り試験時間に時間をかけず、内容のみに集中できるようにしたいです。

2006-1以降のリニューアル以前はこれまで200語前後書けばよかったのが200-240語になり、またポイント6つも提示されていたのがなくなったため、自力で論点をひねり出さなければならなくなった。
英検協会によると、 CEFRのC1レベルとの整合性をより高いものにするために、社会性の高い話題について、自分で考えをまとめ、理由とと もに意見をまとめるエッセイ形式といたします。とあります。
英検2016-1~リニューアル_1級満点解答例付

構成は
Introduction - Body1 - Body2 - Body3 - Conclusion
の5パラ構成に変更はないが
正確にいうと、リニューアル前の段落の指示は3パラ以上という指示のみ。
リニューアル後の指示はイントロ、ボディ、コンクルージョンの構成でという指示。

リニューアル後の模範解答ではイントロで3つの論点を先に挙げているところが異なる。←これ名詞or名詞句にして手短に列挙するの大変💦 
また、結論でこの3論点を別の言い換えするのもミソみたい💦 ⇒同じ言葉使っちゃね~~~

私の場合、そのような高尚なことは実力的に無理なのでワンパターンで
Introduction (状況): 
- It is a controversial issue whether or not S+V
- There has been a lot of discussions and debates about whether or not S+V
- There is a growing awareness that S+V
- It is generally believed that S+V

Introduction 2:
- Personally, I think / belibe that S+V for the following three reasons.
- Athough S+V, S+V

Body:

First,
Second, / In addtion, / Moreover,
Finally,

Conclusion:

In couclusion, for the atove-mentioned three reasons / benefits, Point1, Point 2 and Point3, I believe that S+V

問題はボディを論理的に、かつ3つが被らないように展開できるかだぁ~~~~!! 
トピックセンテンス(抽象) ⇒具体的な説明、事例(具体) ⇒まとめ(結果)


↓ 過去問模範解答例 30 題

英作文対策 2

2017.06.14.22:00

これまで英作文の対策なしで過去2回試験に臨んでしまい敗北の敗因となっている英作文。
次回は何とかしたいと思って、まずは解答例の分析から始めます。

内容、構成、語彙、文法の4つの観点から採点されるので、どうすれば合格点が取れるのかじっくり分析したいと思います。
まずは過去問のタイピングから💦💦

分析結果はまた次回!!

201706100736475d2.jpg


☆英検協会の満点解答例


☆過去問2007-3~2017-1: 29問の 模範解答をタイピングしグーグルドライブへ: これでいつでもスマホ、iPadで見れるようにした ←今頃💦💦


半年ぶりに7月TOEIC受験申込!!

2017.06.13.12:07

新形式になって以来、青い最初の公式問題集しかTOEIC教材は購入していませんでしたが、
今回韓国から新しい公式問題集~5セット が出版された、というので久しぶりに購入しました!!

エッセンス英語学校で英文法も(無料で💦)受講させて頂いているので、半年ぶりに7月の公開テストにも申込しました。 ←今日の締切に間に合った💦

TOEIC勘も全くないし、スコアダウンは必至ですが、模試で勉強しながら、久々のTOEIC受験を楽しむ予定です!!

あっと言う間に試験日が来てしまいそうなので、早く問題解かなきゃ😅😅

201706101850044f0.jpg

英文法講座

2017.06.10.07:37

以前、エッセンスでTOEIC模試モニターを2回したリターンとして、エッセンスのレギュラーレッスン5回分の受講券を頂きました。

今日から5回、加藤先生の英文法クラスを受講しようと思います。
加藤先生の過不足ない文法レクチャーと美声が楽しみ🤗🤗

英作文対策

2017.06.07.12:44


今回も苦手だからといって無対策で受験してしまった英作文にメスを入れ、
4観点(32点満点=850)がどう評価されるのか
どうすれば及第点24点(4観点X6点)=676スコアを取れるようになるのかをじっくり分析し、取り組んでいこうと思います。

☆ 英検協会による各観点の解説は以下の通りです。
下記のサイトは ココ


●各観点の解説

観点(1) 内容 課題で求められている内容(意見とそれに沿った理由)が含まれているかどうか

自分の意見と合わせて、その理由を明確にしましょう。その際に、多様な観点から考えて、意見を支える論拠や説明がより説得力のあるものになるようにしましょう。例えば、理由を書く際に、単純に「安いから」や「便利だから」だけでなく、安くなることがどういうことにつながるのか、また便利になることの具体的な例なども書きましょう。

観点(2) 構成 英文の構成や流れがわかりやすく論理的であるか

伝えたい情報の流れや展開を示す表現(接続詞など)を効果的に使って、自分の意見とその理由や英文全体の構成をより分かりやすくするようにしましょう。

観点(3) 語彙 課題に相応しい語彙を正しく使えているか

同じ語彙や表現の繰り返しにならないように、文脈に合わせて多様な語彙や表現を適切に使用して、自分の意見とその理由を十分伝えられるようにしましょう。

観点(4) 文法 文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか

同じような形の文の繰り返しにならないように、多様な文のパターンを適切に使用して、自分の意見とその理由をより効果的に伝えられるようにしましょう。

そして見事な分析と対策を記事にしてくださっているNOBUさんの英作文対策についてもじっくり読み込ませて頂き、参考にさせて頂きます(人''▽`)ありがとう☆ございます サイトは↓
☆ NOBUさんブログからの英作文対策4回シリーズ
プロフィール

Melmo

Author:Melmo
【TOEICベストスコア】
テストIP 980
公開テスト 975

【英語資格試験履歴】
1989. Cambridge First Certificate合格
2010.02 英検準1級 合格
2013.01 英検1級1次不合格
2017.01 英検1級1次不合格(R688 L678 W611 TTL1977)
2017.06 英検1級1次不合格(R680 L688 W625 TTL1993)
2017.01 通訳案内士試験合格

【TOEIC受験履歴】
1993.09 760 (L390 R370)
1994.11 730 (L430 R300)
-----------------------
2002.03 780(L445 R335)
2004.10 840(L470 R370)
2008.05 885(L480 R405)
-----------------------
2013.06 925(L465 R460)
2013.07 865(L450 R415)
2013.09 905(L470 R435)
2013.10 920(L485 R435)
2013.11 910(L485 R425)
2013.11 980(L490 R490) IP
2013.12 935(L485 R450)
2014.03 950 (L485 R465)
2014.04 905 (L480 R425)
2014.05 920 (L490 R430)
2014.06 955(L495 R460)
2014.07 960 (L495 R465)
2014.09 975(L495 R480)
2014.10 945(L495 R450)
2014.11 960(L495 R465)
2014.12 都合により棄権
2015.01 920(L495 R425)
2015.03 960(L495 R465)
2015.04 950(L485 R465)
2015.05 950(L485 R465)
2015.06 950(L490 R460)
2015.07 920(L495 R425)
2015.09 960(L495 R465)
2015.10 950(L495 R455)
2015.11 960(L495 R465)
2015.12 955(L485 R470)
2016.01 930(L475 R455)
2016.03 950(L495 R455)
2016.04 960(L495 R465)
----------------
(新形式)
2016.05 930(L495 R435)
2016.06 960(L475 R485)
2016.07 925(L485 R440)
2016.09 935(L495 R440)
2016.10 945(L495 R450)
2016.12 925(L485 R440)
2017.01 965(L495 R470)

カテゴリ
ご訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR