気長に継続; 英語勉強記録

2013年よりTOEICを中心に英語の勉強を再開。2016年度 通訳案内士(英語)合格。2017年は英検1級合格を目指します。英語関連以外にもスポーツ(ゴルフ、フィットネス、Bromptonでポタリング等)や旅行などをつづっていきたいと思います。

9/10~9/11: 浜松、浜名湖に行ってきました!

1泊2日で浜松、浜名湖にドライブに行ってきました!
これといった目的があったわけではありませんが、ホテルの無料宿泊券を頂いていたのでそれを使ってのドライブ旅行でした。

折しも今年の大河ドラマは『おんな城主 直虎』 
小さい頃から両親、特に父親が歴史好きのため、必然的に大河ドラマを見ており何となく日曜日の夜は大河ドラマを見てしまいますね(-_-;)
大河ドラマ終了後のドラマの舞台や歴史を紹介するコーナーがあります。浜名湖は何度か行ったことがありましたが、井伊家を中心とした観光地を周ったのは初めて。ドラマを見ていると実際に見てみたいと思ってしまう。

昨年、通訳案内士試験を勉強していたときに浜名湖は昔、京から遠いことから遠江(とおとうみ)と呼ばれ、京に近い琵琶湖が近江と呼ばれていたことを知りすごく納得しました! 
琵琶湖が近淡海(ちかつあはうみ)で浜名湖が遠淡海(こはつあはうみ)とも言われていたようですね。

特段、決めたいたコースはなかったのですが下記のようにドライブしてきました。 
自宅から東名高速 → 浜名湖西IC → 大河ドラマ館 → 気賀関所 → 龍潭寺 → 昼食にうなぎ → 奥山の方広寺 → 井伊谷 浜名湖ホテル泊 → 浜名湖1周 →三ケ日IC → 帰宅

20170912061337f0a.jpg
20170912061406425.jpg ← 日曜日だったせいか観光バスが何台もツアーで来てました!
20170912081528169.jpg ← バスやタクシーまで 直虎
20170912061031b77.jpg ← 大河ドラマ館は気賀に開館されていました。昨年は大河ドラマは真田丸でしたが、長野県松代に開館されていた大河ドラマ館 にも行ってて毎年行ってる💦 でも昨年のドラマ館の方が充実していたかな(-_-;)
20170912061056a30.jpg ← 気賀関所:東海道三大関所といわれていたそうです。1601年徳川家康によって創設されたと言われている。関守は近藤家
2017091206112218f.jpg ← 龍潭寺: 井伊直虎が出家した井伊家の菩提寺。庭園が素晴らしかった
20170912061139482.jpg ← 庭園は国指定名勝
20170912061226059.jpg ← 龍潭寺のすぐ近くに井伊谷宮がありました。後醍醐天皇皇子、宗良親王のお墓で宮内庁が管理されていました
20170912061203171.jpg ← 浜松といえば うなぎ
2017091206124621a.jpg ← 湖北5山のひとつ大本山方広寺:井伊家を支えた奥山家によって開創された臨済宗方広寺の大本山
20170912061305850.jpg ←夕食は浜松駅内にあるお店でお刺身と日本酒を頂きました(-_-;)
20170912061323d8b.jpg ← うなぎぼくめし と あおさ蕎麦

ヨーロッパ旅行計画(3)

201709081027350a9.png ↑プラハ
20170908102845399.png ↑ チェスキークルムロフへ行くのは初めてなので楽しみです
20170908102719abe.png ←ブダペストの夜景

10/30~11/8のヨーロッパ旅行計画、週末をはさんで旅程、ホテル、飛行機、寝台列車の予約等をようやくほぼ完了させました。
日本語サイトが可能な代理店を使うと場合によっては、現地の料金の10倍の料金を取られるので旅行ブログなどを参考にしたりしてチェコ、ハンガリーのサイトに直接行って予約しました!!
少し心配ではありましたが、夜行寝台車のダブルルームも予約できたし、ウィーンからチェコのチェスキークルムロフへの送迎シャトルサービスも英語で予約できました!!
昔と違いインターネットのおかげで日本の代理店と一般旅行者が同じ旅行情報を得られることができるため、正確な情報を入手し、英語での読み書きができれば代理店を頼る必要はありませんね。
インターネットがない時代は個人旅行の細かいパーツは旅行代理店の持つ情報入手ルートや彼らのノウハウに頼らざる得ませんでしたが、自分で全部調べ直接予約、切符を購入することができますから便利です!

結局、帰国する日にブダペストから、ウィーンで列車移動、そしてフランクフルトまで飛行機という移動だと、万一列車や飛行機のトラブルでフランクフルト発の✈に乗れないと大変なので、ブダペストを1泊短縮し、ウィーンに前泊することにしました。

成田✈フランクフルト✈ウィーン (3泊)
ウィーン→🚌チェスキークルムロフ(1泊)
チェスキー🚖クルムロフからプラハ(1泊)
プラハ→🚃夜行寝台を使いブダペスト(車中1泊+1泊)
ブダペスト→🚄ウィーン(1泊)
ウィーンから✈フランクフルト✈成田

↓チェコ国鉄より寝台列車を予約:寝台車の予約には寝台かクシェットか座席かなど多少、寝台列車の知識が必要ですが(-_-;)

↓ウィーンからチェコのチェスキークルムロフ、そしてプラハへの電車の移動は乗換を2回程度しなくてはならず時間の節約のために送迎サービスを手配。折角の個人旅行なのでチェスキークルムロフの街に1泊して中世の街を雰囲気を味わいます!
20170907075808cd1.png

秋のヨーロッパ旅行計画(2)

旅行
20170907075754fcd.png

旅行計画を色々試行錯誤していています。
ドイツ旅行でもなく、オーストリア旅行でもなく、ウィーン滞在はするものの旅程は中欧の旅になってきました。

オーストリアの東にあるザルツブルグを入れるとどうしてもウィーン往復の時間がかかってしまうこと。
また、ザルツブルグはドイツ国境駅でもあるのでミュンヘンなどバイエルン地方を旅した際に訪れるのがもっとも効率的。
それにザルツブルグは行きやすい、

今回、ウィーン中心に考えると、中欧3カ国: チェコのプラハ、チェスキークルムロフ、ハンガリーのブダペストを旅するのはどうかということになってきました(-_-;)
成田からフランクフルトを経由し、ウィーンまでの往復飛行機を買い増してウィーンから中欧を周るという旅ですね

現在のことろ
成田✈フランクフルト✈ウィーン (3泊)
ウィーン→🚌チェスキークルムロフ(1泊)
チェスキー🚖クルムロフからプラハ(1泊)
プラハ→🚃夜行寝台を使いブダペスト(車中1泊+2泊)
ブダペスト→🚄ウィーン✈フランクフルト✈成田

7泊+車中1泊 合計= 現地8泊10日間

但し、ウィーンからチェスキークルムロフ(世界遺産登録)の街へ電車で行くのは乗り継ぎ悪く、現地の送迎サービスと路線バスをつかって移動を検討中。

残るは、飛行機の追加、列車は周遊パスを買うか、個別にチケット買った方が安いのか、
代理店を使わずに自力でチェコ国鉄のサイトから寝台列車を予約、購入するかどうかです。

代理店をつかえば安心ですが、料金は倍以上になりますから、チェコやハンガリーの現地料金を勘案すると馬鹿らしくなり、自力で購入しようと検討しています。

秋のヨーロッパ旅行計画

旅行

旅行
↑ 計画表 アレコレ(-_-;)

9月に入りました。
英検まであと1か月
そして秋のヨーロッパ旅行まで2か月を切りましたが、5月にフランクフルト往復の航空券を購入しただけで全く計画立ずに放置してました。
時期と期間は、10月末から11月にかけての8泊10日
(冬時間に入っているので明るい時間が少なくなり、ドイツ、オーストリアなどの山や自然を堪能するのには不適な時期でありますね)

フランクフルト往復なので、最初は友人の住んでいる(以前私も1年半居住)デュッセルドルフに久々に寄ってから旅を始めようとしていましたが、
夫との私の希望を入れるとなかなか決められず・・・・
最初の案はオーストリアとドイツの旅、ということでオーソドックスに→
フランクフルト~ミュンヘン経由~ザルツブルグ~ウィーンからプラハ経由~ドレスデン経由~フランクフルト 
というものでしたが・・・

時刻表をにらめつつ、夜行列車を組み込んだり、考えていると考えはまとまらなくなりました(-_-;)

決まっているのは、
☆今回は列車での旅
★夫の希望:ウィーンに行きたい(多分ザルツブルグも。私が良いところだよ、と洗脳したのもあり)
☆私:オーストリアはウィーン、ザルツブルグなど数回以上行っているので( ^ω^)時刻表と地図を見ていると色々な考えが出てきてしまい・・・
 →ウィーンを拠点にするのならばフランクフルトからウィーンの航空券を買って中欧を周ってみては??と提案 (プラハ、ブダペスト、ブラチスラバも両親連れて行ったことありますが、列車で周ったことはないので)

夜な夜な夕食しながら夫と検討していると、あっと言う間に時間が過ぎてしまい、英語の勉強の時間がなくなっているこの頃です(-_-;)

(続く)

明日から9月!!


とうとう今日で8月も終わり
秋の到来を告げるような少し涼しい気温でした

涼しくなって湿度が下がってくれば、少しは勉強も捗ることを期待して(-_-;)
ときどき参考にさせていただいいる TOEFL対策の塾を経営されている しけんや英語塾 のサイトにこんな記事がありました。

英作文を書く練習で
『自分が書くつもりで、簡単な英文を一生懸命読む』 

確かに、普段、内容を理解できれば良し、と自分だその分を書くことなど考えていません
それくらいしっかり真剣に読む意識をすることも大切だと思いました

一文一文の成り立ち、語彙
書き手はどうしてそう書いたのか意識することも重要ですね~~